家賃の保証制度|マンションを貸したい人は入居者を早めに探そう

マンションを貸したい人は入居者を早めに探そう

積み木

家賃の保証制度

集合住宅模型

利用する際の注意点

家賃保証制度とは、賃貸物件において入居しているテナントが家賃の延滞や不払いを起した場合に、保証会社がテナントの債務を肩代わりし、不動産オーナーに当該債務の支払いを行うというものです。保証期間は家賃保証契約の内容によって異なりますが、保証期間は短いものだと3ヶ月程度であり、長いものだと1年程度となっています。家賃保証があると不動産オーナーはテナントが債務不履行を起こしても、当初想定していた家賃収入を得られるというメリットがあります。但し、家賃保証制度を利用するためには保証会社に対して一定の保証料を支払う必要があり、保証料は保証金額や期間が長くなれば長くなるほど高くなります。一種の掛け捨て保険のようなものなので、テナントの信用力が高い場合、過度な保証加入は逆に収益を圧迫する恐れがあるので注意が必要です。

保証コストを抑える方法

家賃保証にかかるコストを抑える方法として、まず第一に家賃保証の保証料負担をテナントに転嫁するという方法があります。一般的な賃貸借契約においては、テナントは万が一の場合に備えて連帯保証人を擁立する事を義務付けられるのが一般的ですが、その擁立義務を免除する代わりに家賃保証への加入を義務付けている不動産オーナーは多いです。テナントに加入させることが出来れば、不動産オーナーは保証料の負担をしなくて良いので、収益性を圧迫せずにいざという時の保険を確保することが出来る事になります。仮にテナントへのコスト転嫁が難しい場合には、保証会社と保証料について交渉をして引き下げる必要があり、その際には保有不動産の延滞率の低さ等をアピールするのが有効です。