マンションを貸したい人は入居者を早めに探そう

婦人

家賃の保証制度

集合住宅模型

家賃保証制度に加入していると、入居テナントが家賃の延滞や不払いを起した場合、家賃保証会社がテナントに代わって債務の支払いをしてくれます。加入するためには保証料の支払いが必要ですが、テナントにコスト転嫁をすることも場合によっては可能です。

詳細へ

安定した収入源になる

マンション

年金や雇用などが不安定な中、定期的に家賃収入が見込めるということで老後の生活を考えマンション経営を行う人が増えてきています。またマンション経営の際に発生するローンに関しても、保険を活用することでもしもの時でも遺族に負担をかけずに済みます。

詳細へ

不動産投資で資産を増やす

集合住宅

人気物件を見つける

マンションを購入して、投資を行う人は増えています。もちろん自分だけで運営をしている人よりも、不動産会社などのサポートを受けながら運営をしている人が多くなっています。マンションの部屋を貸したい時にも、不動産会社のサポートがあればスムーズに入居者を探すことができます。貸したい部屋があれば、まずは企業のサポートを受けることを考えてみましょう。マンションの管理なども行ってくれるため、オーナーの作業が減り経営がやりやすくなることが大きなメリットです。部屋を貸したい人にとって、家賃の設定や空室保証などは重要なポイントになります。マンション投資を行うなら、不動産投資の知識を学んで正しく運営を行っていきましょう。

部屋を貸そうとするなら

マンションの一室を貸したい場合、スムーズに入居者を見つけることが大切です。空き部屋のままでは収益が出ないため、できるだけ速やかに入居者を見つけてくれる会社を選ぶと良いでしょう。またマンションを購入する前には、空室率などをチェックしておくことも大切です。空室率はマンション自体の状況やエリアによっても異なってきますので、あらかじめ確認しておきましょう。良いエリアの物件を購入すれば、満室になることも難しくありません。自分が住みたいかどうかもポイントになりますが、周辺エリアとの家賃の差などさまざまな点を考慮する必要があります。物件については、プロのコンサルタントなどに相談すれば適切なものを案内してくれます。

まず業者を選ぶには

セミナー

不動産投資を行う前に情報収集をしようと考えているなら、不動産投資セミナーの参加が適しています。不動産投資セミナーに参加すれば、ネットや本だけでは分からない知識を得ることができ、基本的な物件の選び方なども分かります。

詳細へ